Customer Engagement

Dynamics 365 Sales / Marketing / Customer Service

Dynamics 365のCRM機能を活用することで、商談状況や顧客からの問い合わせへの対応状況などが一目でわかるようになります。あわせて、マーケティングオートメーション機能を活用することで、Web上での顧客の振る舞いによって動的に対応を変えるなど、デジタルマーケティングを駆使した営業チームやカスタマーサクセス部隊を構築することが可能です。

Dynamics 365 Sales

見込顧客管理からマーケティングキャンペーン、商談、売上見込、見積作成までを幅広くカバーする営業管理ツール(SFA)です。OutlookやTeamsとの連携により、顧客とのメールのやりとりやスケジュール管理を効率化できます。

Outlook連携

Outlookと連携させることで、メールによる顧客とのコミュニケーション履歴が自動的にCRM側に蓄積されます。訪問履歴もOutlookの予定から連携させることができるため、煩わしい日々の日報入力から解放され、顧客対応時間を向上させることができます。

Teams連携

現代の商談は営業担当一人で完結させることが難しくなっている傾向にあります。Teams連携機能を使うことで、社内外のあらゆるメンバーとの調整や共有にかかる時間を減らし、本来の営業活動に専念することができます。

Dynamics 365 Marketing

Dynamics 365 Marketignは、リード獲得からリードナーチャリング、商談かまでを自動化するためのいわゆるマーケティングオートメーションツールです。Web&メールを軸としたデジタルマーケティングがメインの機能となりますが、リアルイベントやWebinarへの集客・実行や、営業担当者の個別の活動結果なども加味した総合的なマーケティングシナリオの実行、およびリードスコアリングを行うことができ、企業の商談力を大幅にアップすることができます。

Customer Journey

シンプルなメルマガ配信から、リード獲得後のステップメール、顧客の興味・反応に応じた複雑なマーケティングシナリオの策定など、直感的な画面でカスタマージャーニーの設計が行えます。

Insight

メール開封状況やリンクのクリック状況、またはWebサイトへの来訪履歴など、Web上の顧客のふるまいを把握することで、商機を逃さない仕組みづくりが行えます。

Dynamics 365 ERP (Business Central)との連携

Dynamics 365 には非常に多くのサービスが含まれており、実際、Dynamics 365 内のそれぞれの機能において重複する機能が多く存在します。とくにCRM系の製品とERP系の製品を組み合わせて利用する場合、どの業務においてどのモジュールのどの機能を使うのがよいか、を判断するのは非常に困難です。当社ではDynamics 365 のCRMとERPの両方に精通したコンサルタントが、お客様の要件をもとに適切なシステムデザインをご提案させていただきます。